研究業績

2017年6月18日現在.

1. 著書

[1] 石島博, バリュエーション・マップ 企業価値評価の科学と演習, 304ページ, 東洋経済新報社, 2008年8月14日.

[2] 石島博, ファイナンスの理論と応用1: 資産運用と価格評価の要素, 336ページ, 日科技連出版社, 2015年6月28日.

[3] 石島博, ファイナンスの理論と応用2: 正規分布で解く資産の動的評価, 344ページ, 日科技連出版社, 2016年12月23日.

[4] 石島博, ファイナンスの理論と応用3: 資産価格モデルの展開, 日科技連出版社, 2017年9月(刊行予定).

2. 論文

2-A 査読あり学術誌掲載論文

[1] 石島博, 前田章, “マクロ経済変数を導入した不動産価格形成の分析,” 経済政策ジャーナル, 2017(採択済).
[2] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “日本経済を映すセンチメントの計量化と株価予測性,” 経済政策ジャーナル, 2017(採択済).

[3] Ishijima, H. and A. Maeda, “Real Estate Pricing Models: Theory, Evidence, and Implementation,” Asia-Pacific Financial Markets, 22(4), pp.369–396, 2015. (DOI: 10.1007/s10690-013-9170-7)
[4] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産投資における市場リスクのファクターモデル,” 情報処理学会論文誌: 数理モデル化と応用, 8(2), pp. 1–9, 2015年7月24日.
[5] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “市場センチメント・インデックスの構築と株価説明力の分析:日次データによる検証,” 経済政策ジャーナル, 11(2), pp. 7–10, 2015年7月20日.
[6] 石島博, 前田章, “不動産の価格とリスクの評価:わが国の住宅価格分析への応用,” 経済政策ジャーナル, 11(1), pp. 20–40, 2015年2月25日.
[7] Ishijima, H., T. Kazumi, and A. Maeda, “Sentiment Analysis for the Japanese Stock Market,” Global Business and Economics Review, 17(3), 237–255, 2015. (DOI: 10.1504/GBER.2015.070303)
[8] Ishijima, H. and A. Maeda, “Time Series Modeling of Real Estate Prices,” Global Business and Economics Review, 16(1), pp. 26–45, 2014. (DOI: 10.1504/GBER.2014.058075)
[9] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産価格とリターン時系列の理論と応用,” ジャレフ・ジャーナル(日本不動産金融工学学会(JAREFE)・査読付学術誌), 6, pp. 37–58, 2013年9月20日. (URL: http://www.jarefe.com/JAREFE_journal.html#no6 )
[10] 石島博, 前田章, “宅地価格時系列データの推計と投資収益性の計量分析,” 経済政策ジャーナル, 10(2), pp. 28–31, 2013年9月20日.
[11] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “個々の不動産に対する投資リターンの時系列の推定モデル,” 情報処理学会論文誌: 数理モデル化と応用, 6(1), pp. 90–101, 2013年3月12日.
[12] Ishijima, H. and A. Maeda, “Real Estate Price Modeling and Empirical Analysis,” International Journal of Economic Policy Studies, 7, pp. 31–51, 2012.
[13] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格とリターンの時系列モデルと応用,” 情報処理学会論文誌: 数理モデル化と応用, 5(1), pp. 74–85, 2012年3月5日.
[14] Ishijima, H. and M. Uchida, “Log Mean-variance Portfolio Selection under Regime Switching,” Asia-Pacific Financial Markets, 18(2), pp. 213–229, May 2011.
[15] Ishijima, H. and M. Uchida, “The Regime Switching Portfolios,” Asia-Pacific Financial Markets, 18(2), pp. 167–189, May, 2011年. (URL: http://www.springerlink.com/content/r846282761p45726/)
[16] 石島博, 松島純之介, “レジーム・スイッチング因子分析とJ-REIT 市場のリスク・ファクターの検出への応用,” 統計数理, 59(1), pp. 41–65, 2011年6月.
[17] 石島博, 前田章, “不動産価格評価の枠組みと政策的含意,” 経済政策ジャーナル, 8(2), pp. 95–98, 勁草書房, 2011年5月25日.
[18] 石島博, 前田章, “不動産価格の統計モデルと実証,” ジャフィー・ジャーナル, pp. 166-195, 朝倉書店, 2011年4月.
[19] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格とリスクの評価モデルとその応用,” 情報処理学会論文誌: 数理モデル化と応用, 4(2), pp. 1–12, 2011年3月28日.
[20] 石島博, 谷山智彦, 松島純之介, “レジーム・スイッチング不動産価格評価モデル,” ジャフィー・ジャーナル(日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE)・査読付学術誌), pp. 152–178, 朝倉書店, 2009年3月.
[21] 石島博, 吉田晴香, 松島純之介, “我が国の株式市場における風見鶏効果,” ジャフィー・ジャーナル(日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE)・査読付学術誌), pp. 236–260, 朝倉書店, 2008年3月.
[22] 山田悠, 石島博, “取引システムが価格形成に与える影響の分析-人工株式市場アプローチ,” ジャフィー・ジャーナル(日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE)・査読付学術誌), pp. 179-219, 東洋経済新報社, 2006年7月.
[23] 石島博, 高野江里子, 谷山智彦, “レジーム・スイッチング資産価格評価モデルによるJ-REITのリスクプレミアム推定,” ジャレフ・ジャーナル(日本不動産金融工学学会(JAREFE)・査読付学術誌) 2006 不動産金融工学の展開, pp. 85-115, 東洋経済新報社, 2006年2月23日.
[24] Ishijima, H., “Bayesian Interpretation of Continuous-time Universal Portfolios,” Journal of the Operations Research Society of Japan, 45(4), pp. 362–372, December 2002.
(International Abstracts in Operations Research誌(Macmillan Press)に要旨掲載).
[25] Ishijima, H. and H. Shirakawa, “The Optimal Log-Utility Asset Management under Incomplete Information,” Asia-Pacific Financial Markets, 7(2), pp. 145–154, June 2000.
[26] Ishijima, H., “An Empirical Analysis on Log-Utility Asset Management,” Asia-Pacific Financial Markets, 6(3), pp. 253-273, September 1999.

2-B 査読あり国際会議予稿集掲載論文

[27] “Clustering News to Create Sentiment Indexes that Help Predict Stock Prices,” Proceedings of the 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA ‘17) comprising WORLDCOMP ’17 (with T. Kazumi. Accepted).
[28] Ishijima, H., T. Kazumi, and A. Maeda, “Quantifying Sentiment for the Japanese Economy and Stock Price Prediction,” Proceedings of 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA’14) comprising 2014 World Congress in Computer Science, Computer Engineering, and Applied Computing (WORLDCOMP’14), pp. 255–259, May 16, 2014.

2-C その他の学術研究論文

[1] 石島博, 前田章, “A Note on an Extension of Asset Pricing Models,” 京都大学数理解析研究所講究録, 1983, pp. 22-26, 2016年2月.
[2] Ishijima, H., “Quantifying Sentiment for the Japanese Economy as Predictors of Stock Prices,” Working Paper Series WP338, Center on Japanese Economy and Business, Columbia Business School, 2014年10月. (URL: http://dx.doi.org/10.7916/D8H993VN )
[3] 石島博, “不動産ファイナンスの最近の潮流とパーソナルファイナンスへの応用,” 証券アナリストジャーナル, 51(1), pp.18-27, 2013年1月.
[4] 石島博(特集号世話人), “序論: バリュエーションの潮流,” ジャフィー・ジャーナル, pp. 1-21, 朝倉書店, 2011年4月15日.
[5] 石島博, 内田正樹, “相互相関を考慮した最適なポートフォリオ選択に関する一考察,” 京都大学数理解析研究所講究録, 1736, pp. 147-160, 2011年4月.

[6] 石島博, 谷山智彦, “個別性と歪みを考慮した住宅価格分析とパーソナル・ファイナンスへの応用,” ファイナンシャル・プランニング研究, 10, pp. 4-17, 2011年3月.
(FP学会賞 初の最優秀論文賞(2010年9月4日)).
[7] 松島純之介, 石島博, 渡部育恵, “SASによるWebデータの統計解析: XMLデータ入出力と不動産バリュエーションマップ作成への応用,” SASユーザー総会 アカデミア/テクノロジー&ソリューションセッション2010, 論文集 pp.357-367, 2010年7月.
(SASユーザー総会 アカデミア/テクノロジー&ソリューションセッション2010 優秀賞).
[8] 石島博(研究代表者), 前田章(研究協力者), “我が国の不動産の価格とリスクを分析・予測するために必要な不動産情報の整備等に関する研究,” 「不動産情報の整備と活用に関する展望に係る調査業務, 不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業報告書」, pp. 330-386, 国土交通省土地・水資源局, 2010年3月. (URL: http://tochi.mlit.go.jp/tocjoh/seibi_index.html )
[9] Ishijima, H. and S. Sakagami, “On Estimating the Growth Optimal Asset Pricing Model under Regime Switching,” 京都大学 数理解析研究所講究録, 1675, pp. 199-211, 2010年2月.
[10] 石島博, 松島純之介, “J-REIT 5 年間のリスクプレミアム: レジーム・スイッチング資産価格評価モデルによる分析,” 「J-REIT市場の変遷と展望に関する報告書-J-REIT誕生からの5年間のデータを活用した分析・検討-」第3章, pp. 45-72, 社団法人不動産証券化協会 J-REIT商品特性研究会, 2007年10月.
[11] 石島博, “レジームスイッチングモデルとファイナンス理論・実証,” 早稲田大学ファイナンス総合研究所ワーキング・ペーパー・シリーズ, WIF-05-005, 233ページ, 2005年10月.
[12] Ishijima, H. and T. Kihara, “Option Pricing with Hidden Markov Models,” 早稲田大学ファイナンス総合研究所ワーキング・ペーパー・シリーズ, WIF-05-004, 20ページ, 2005年9月.
[13] 山田悠, 石島博, “取引システムが価格形成に与える影響の分析 人工株式市場アプローチ,” 早稲田大学ファイナンス総合研究所ワーキング・ペーパー・シリーズ, WIF-05-003, 39ページ, 2005年9月.
[14] 石島博, 内田正樹, “投資機会のスイッチングを考慮した最適ポートフォリオ選択の理論と実証,” MTEC Journal, 15, pp. 27-45, 2003年3月.

博士論文・修士論文
[15] Ishijima, H., “The Dynamic Portfolio Management under Incomplete Information,” 東京工業大学博士論文 (甲第4169号), 1999年3月.
[16] 石島博, “ケリー規準によるポートフォリオ選択,” 東京工業大学修士論文, 1996年3月.

3. 国際会議発表論文

[1] Ishijima, H. and A. Maeda, “Pricing of Japanese Real Estate with Exogenous Variables,” Quantitative Methods in Finance 2016 Conference, Hilton Sydney, 2016年12月14日.
[2] Ishijima, H. and A. Maeda, “A Note On Real Estate Pricing With Exogenous Variables,” INFORMS Annual Meeting 2016 Nashville, Omni Nashville, 2016年11月15日.
[3] Ishijima, H. and A. Maeda, “An Analysis of Real Estate Prices with Exogenous Variables,” 15th International Conference of Japan Economic Policy Association, Onuma International Seminar House, 2016年10月30日.
[4] Ishijima, H., T. Kazumi and A. Maeda, “Sentiment Analysis in the Japanese Financial and Real Estate Markets,” Quantitative Methods in Finance 2015 Conference, Hilton Sydney, 2015年12月16日.
[5] Ishijima, H. and A. Maeda, “A Note on the Determinants of Real Estate Prices,” The 14th International Conference of the Japan Economic Policy Association, Toyo University, 2015年11月8日.
[6] Ishijima, H. and A. Maeda, “A Note on Real Estate Pricing,” Columbia-JAFEE Conference, Columbia University, 2015年10月3日.
[7] Ishijima, H., T. Kazumi and A. Maeda, “Market sentiment indexes and the predictability of stock prices in Japanese markets,” Quantitative Methods in Finance 2014 Conference, Hilton Sydney, 2014年12月17日.
[8] Ishijima, H., T. Kazumi and A. Maeda, “Market Sentiment Indexes and the Predictability of Japanese Stock Prices,” The 13th International Conference of the Japan Economic Policy Association, Meiji University, 2014年11月9日.
[9] Ishijima, H., T. Kazumi and A. Maeda, “Japanese market sentiment indexes and the predictability of stock prices,” Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium 2014 , 2014年11月4日.
[10] Ishijima, H., T. Kazumi and A. Maeda, “Creating a Sentiment Index That Reflects Stock Market Features,” The 12th International Conference of the Japan Economic Policy Association, Sapporo University, 2013年10月27日.
[11] Ishijima, H., T. Kazumi, and A. Maeda, “Sentiment Analysis for the Japanese Stock Market,” Business & Economics Society International (B&ESI) Conference, 2013年7月8日.
[12] Ishijima, H. and A. Maeda, “Implied Returns on Real Estate Investment: Understanding Real Estate Risk-Return Profiles in Japanese Asset Allocation,” 2013 AsRES (Asian Real Estate Society) International Conference, Kyoto University, 2013年6月30日.
[13] Ishijima, H. and A. Maeda, “Implied Capital Returns on Investment in Less-Marketed Assets,” The 11th International Conference of the Japan Economic Policy Association, Nagoya Gakuin University, 2012年10月20日.
[14] Ishijima, H. and A. Maeda, “Time Series Modeling of Real Estate Prices and Its Application,” Business and Economics Society International Conference, The Crowne Plaza Hotel Salzburg, Austria , 2012年7月9日.
[15] Ishijima, H. and A. Maeda, “Log-mean Variance Portfolio Selection subject to Regime Switching Cross-correlation Risks,” 7th Bachelier Finance Society World Congress 2012, Hilton Sydney, 2012年6月21日.
[16] Ishijima, H. and A. Maeda, “On the Estimation of Stochastic House Price Processes,” Quantitative Methods in Finance 2011 Conference, Hilton Sydney, 2011年12月16日.
[17] Ishijima, H. and A. Maeda, “Real Estate Price Modeling and Empirical Analysis,” The 10th International Conference of the Japan Economic Policy Association, 関西学院大学, 2011年11月20日.
[18] Ishijima, H. and M. Uchida, “Portfolio Selection in the Presence of Cross and Auto-correlation,” Quantitative Methods in Finance 2011 Conference, Hilton Sydney, 2011年12月14日.

[19] Ishijima, H., A. Maeda and T. Taniyama, “Financial Modeling of House Price Dynamics,” Quantitative Methods in Finance 2010 Conference, Hilton Sydney, 2010年12月16日.
[20] Ishijima, H. and M. Uchida, “Optimal Log-mean Variance Portfolios subject to Serial Risks,” Quantitative Methods in Finance 2010 Conference, Hilton Sydney, 2010年12月15日.
[21] Ishijima, H. and A. Maeda, “A General Framework for Pricing Real and Financial Assets,” Columbia-JAFEE Conference, Columbia University, 2010年3月9日.
[22] Ishijima, H. and A. Maeda, “Real Estate Prices: Theory and Empirical Analysis,” Quantitative Methods in Finance 2009 Conference, Amora Hotel Sydney, 2009年12月18日.
[23] Ishijima, H. and S. Sakagami, “An Adaptive Estimation of the Growth Optimal Asset Pricing Model under Regime Switching,” Quantitative Methods in Finance 2009 Conference, Amora Hotel Sydney, 2009年12月16日.
[24] Ishijima, H. and J. Matsushima, “Regime Switching Factor Analysis and its Application,” Quantitative Methods in Finance 2008 Conference, Amora Hotel Sydney, 2008年12月19日.
[25] Ishijima, H. and A. Maeda, “A Pricing Theory for Real Assets with Characteristics,” Quantitative Methods in Finance 2007 Conference, Amora Hotel Sydney, 2007年12月12日.
[26] Ishijima, H. and T. Taniyama, “A Real Estate Valuation Model under Regime Switching,” Quantitative Methods in Finance 2006 Conference, Manly Pacific Sydney Hotel, 2006年12月13日.
[27] Ishijima, H. and T. Taniyama, “A Closed-form Formula for Real Estate Valuation,” Bachelier Finance Society 2006 Fourth World Congress, 一橋大学, 2006年8月20日.
[28] Ishijima, H. and T. Kihara, “Option Pricing with Hidden Markov Models,” Quantitative Methods in Finance 2005 Conference, Manly Pacific Sydney Hotel, 2005年12月16日.
[29] Ishijima, H. and T. Kihara, “Option Pricing with Hidden Markov Models,” 2005 Daiwa International Workshop on Financial Engineering: Proceedings, pp. 183-199, 大手町サンケイプラザ, 2005年7月22日.
[30] Ishijima, H., E. Takano and T. Taniyama, “The Growth Optimal Asset Pricing Model under Regime Switching: With an Application to J-REITs,” The Proceedings of the Seventh JAFEE International Conference, pp. 190-218, 一橋大学, 2005年3月15日.
[31] Ishijima, H., E. Takano and T. Taniyama, “The Growth Optimal Asset Pricing Model under Regime Switching: With an Application to J-REITs,” 2004 Daiwa International Workshop on Financial Engineering, 大手町サンケイプラザ, 2004年8月26日.
[32] Ishijima, H. and M. Uchida, “Log Mean-variance Portfolio Selection under Regime Switching,” The Proceedings of the Sixth JAFEE International Conference, pp. 374-394, 一橋大学, 2003年3月16日.
[33] Ishijima, H. and M. Uchida, “Regime Switching Portfolios,” Quantitative Methods in Finance 2002 Conference, Radisson Hotel at the Pier Cairns, 2002年12月12日.
[34] Ishijima, H., “Numerical Methods for Universal Portfolios,” Quantitative Methods in Finance 2001 Conference, Manly Pacific Sydney Hotel, 2001年12月14日.
[35] Ishijima, H. and H. Shirakawa, “The Optimal Log-Utility Asset Management Schemes and its Application to the U.S. Stock Market,” The Proceedings of the Fifth JAFEE International Conference, pp. 343-362, 早稲田大学, 1999年8月29日.
[36] Ishijima, H. and H. Shirakawa, “The Log-Utility Asset Management: Theoretical and Empirical Analysis,” Proceedings of Quantitative Methods in Finance 1999 Conference, pp. 205-214, Hotel Inter-Continental Sydney, 1999年7月17日.
[37] Ishijima, H. and H. Shirakawa, “Power-Utility Asset Management,” Applied Stochastic Models and Data Analysis, Proceedings of the First Euro-Japanese Workshop on Stochastic Risk Modeling for Finance, Insurance, Production and Reliability, pp. 195-238, Universite Libre de Bruxelles, 1998年9月8日.
[38] Shirakawa, H. and H. Ishijima, “Stochastic Analysis of Continuous-time Universal Portfolio,” Applied Stochastic Models and Data Analysis, Proceedings of the First Euro-Japanese Workshop on Stochastic Risk Modeling for Finance, Insurance, Production and Reliability, pp. 241-255, Universite Libre de Bruxelles, 1998年9月8日.

4. 国内学会発表論文

[1] 石島博, 前田章, “外生変数を導入した不動産価格評価-研究ノート,” JAREFE(日本不動産金融工学学会) 2017定期大会, 早稲田大学, 2017年2月25日.
[2] 石島博, 前田章, “マクロ経済変数を導入した不動産価格評価モデル,” 日本経済政策学会第73回全国大会, 九州産業大学, 2016年5月29日.
[3] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “日本経済を映すセンチメントの計量化と株価予測性,” 日本経営財務研究学会 ファイナンスキャンプ2016, 2016年3月15日.
[4] 石島博, 前田章, “A Note on Real Estate Pricing Models with Macroeconomic Variables,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2015冬季大会, 慶應義塾大学, 2016年1月24日.
[5] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “センチメント・インデックスの株価と不動産価格の予測可能性,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2015夏季大会, 中央大学, 2015年8月7日.
[6] 石島博, 前田章, “A note on real estate pricing models,” 平成27年度 京都大学数理解析研究所研究集会「ファイナンスの数理解析とその応用(Financial Modeling and Analysis)」, 京都大学, 2015年11月16日.
[7] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “日本経済を映すセンチメントの計量化と株価予測性,” 日本経済政策学会第72回全国大会, 国士舘大学, 2015年5月31日.
[8] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “Quantifying Japanese Economic Sentiment as a Predictor of Stock Prices,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2014冬季大会, 筑波大学, 2015年1月23日.
[9] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “日次データを用いた市場センチメント・インデックスの構築と株価説明力の分析,” 第11回人工知能学会金融情報学研究会(SIG-FIN), 東京大学, 2013年10月12日.
[10] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “わが国における市場センチメント・インデックスの構築と株価説明力の分析,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2013 夏季大会, 明治大学, 2013年8月4日.
[11] 石島博, 數見拓朗, 前田章, “市場センチメント・インデックスの構築と株価説明力の分析:日次データによる検証,” 日本経済政策学会第70回全国大会, 東京大学, 2013年5月26日.
[12] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “個別不動産の投資リターン時系列の推定と応用,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2012 冬季大会, 筑波大学, 2013年1月26日.
[13] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産ファンダメンタル・ベータによる不動産投資リスクの計測,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2012年秋季研究発表会, アブストラクト集 pp. 66-67, ウインクあいち, 2012年9月12日.
[14] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “個々の不動産に対する投資リターンの時系列の推定モデル,” 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会(MPS), 第90回研究発表会, 小樽経済センター, 2012年9月20日.
[15] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産ファンダメンタル・ベータ: 不動産投資における市場リスクのファクターモデル,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2012 夏季大会, 大会予稿集, pp.13-24, 成城大学, 2012年8月3日.
[16] 石島博, 前田章, “宅地価格時系列データの推計と投資収益性の計量分析,” 日本経済政策学会第69回(2012年度)全国大会, 椙山女学園大学, 2012年5月27日.
[17] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産キャピタル・リターンの推定,” 日本ファイナンス学会第20回大会, 一橋大学, 2012年5月26日.
[18] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格リターンの推計フレームワーク,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2011 冬季大会, 大会予稿集 pp. 47-58, 筑波大学, 2012年3月12日.
[19] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産投資における市場リスクのファクターモデル,” 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会(MPS), 第87回研究発表会, 指宿市民会館, 2012年3月1日.
[20] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格時系列の推計フレームワーク,” JAREFE(日本不動産金融工学学会) 2012定期大会, 早稲田大学, 2012年2月25日.
[21] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格とリターンの時系列モデルと応用,” 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会(MPS), 第85回研究発表会, 室蘭工業大学, 2011年9月15日.
[22] 石島博, 内田正樹, “相互相関を考慮した対数平均分散ポートフォリオ選択,” 日本ファイナンス学会第19回大会, 早稲田大学, 2011年5月15日.

[23] 石島博, 内田正樹, “Optimal Log-mean Variance Portfolios subject to Cross-Correlation Risk,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2011年春季研究発表会, 電気通信大学, 2011年3月17-18日(採択済・震災のため学会中止).
[24] 石島博, 内田正樹, “相関リスクを考慮した最適ポートフォリオ選択,” 平成22年度 京都大学数理解析研究所/科学研究費補助金研究集会「ファイナンスの数理解析とその応用 (Financial Modeling and Analysis)」, 京都大学, 2010年11月26日.
[25] 石島博, 前田章, “不動産価格評価の枠組みと政策的含意,” 南山横国ファイナンス・ワークショップ, 南山大学, 2010年11月14日.
[26] 石島博, “不動産価格評価のフレームワーク,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会「ファイナンス理論の展開」第6回研究会, 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス, 2010年11月16日.
[27] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格とリスクの評価: 我が国の住宅価格分析への応用,” 日本経営財務研究学会 第34回全国大会, 立教大学, 2010年10月11日.
(URL: URL: http://www.b.kobe-u.ac.jp/~keieizaimu/modules/pico/index.php/content0072.html)
[28] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産バリュエーション・マップ,” 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会(MPS), 第80回研究発表会, 北海道大学, 2010年9月28日.
[29] 石島博, 前田章, 谷山智彦, “不動産の価格とリスクの評価: 不動産バリュエーションマップの構築,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2010 夏季大会, 大会予稿集 pp. 283-294, 成城大学, 2010年7月31日.
[30] 松島純之介, 石島博, 渡部育恵, “SASによるWebデータの統計解析~XMLデータの入出力と不動産バリュエーションマップ作成への応用~,” SASユーザー総会 アカデミア/テクノロジー&ソリューションセッション, 論文集 pp. 357-367, 2010年7月27日.
[31] 石島博, 前田章, “不動産価格評価: アセット・プライシングの拡張” 日本経済学会2010年度 春季大会, 千葉大学, 2010年6月5日.
(URL: http://www.jeameetings.org/2010s/Program/Display.cgi)
[32] 石島博, 前田章, “不動産価格評価の枠組みと政策的含意,” 日本経済政策学会, 第67回(2010年度)全国大会, 京都産業大学, 2010年5月30日.
(URL: http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/sec/conference/jepa-67/index.htm)
[33] 石島博, 前田章, “不動産価格評価: J-REIT保有不動産の実証分析,” 日本ファイナンス学会第18回大会, 予稿集 pp. 638-647, 上智大学, 2010年5月23日.
[34] 石島博, 前田章, “不動産価格: 理論と実証,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 2010年春季研究発表会, アブストラクト集 pp. 104-105, 首都大学東京, 2010年3月5日.
[35] 石島博, 前田章, “不動産価格評価の一般理論,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2009 冬季大会, 大会予稿集 pp. 93-111, 明治大学, 2009年12月23日.
[36] 石島博, 前田章, 廣兼匡章, 白旗慎吾, 坂本亘, 谷山智彦, 渡部育恵, “不動産価格:理論と実証,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2009 夏季大会, 大会予稿集 pp. 45-65, 法政大学, 2009年7月29日.
[37] Ishijima, H. and S. Sakagami, “An Adaptive Estimation of the Growth Optimal Asset Pricing Model under Regime Switching,” 平成21年度 数理解析研究所/科学研究費補助金研究集会「ファイナンスの数理解析とその応用 (Financial Modeling and Analysis)」, 京都大学, 2009年11月27日.
[38] 石島博, 松島純之介, “レジーム・スイッチング因子分析とその応用,” 中之島ワークショップ 「金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題 2008」, 大阪大学金融・保険教育研究センター(CSFI), 2008年12月7日.
[39] 石島博, 松島純之介, “レジーム・スイッチング因子分析とその応用”, 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2008 夏季大会, 大会予稿集 pp. 253-272, 成城大学, 2008年8月2日.
[40] 石島博, 前田章, “属性を有する資産と金融資産の価値評価,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2007 冬季大会, 大会予稿集 pp. 51-66, 中央大学, 2007年12月21日.
[41] 石島博, 松島純之介, “J-REIT 5 年間のリスクプレミアム: レジーム・スイッチング資産価格評価モデルによる分析,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2007 夏季大会, 大会予稿集 pp. 83-104, 明治大学, 2007年8月2日.
[42] 石島博, 前田章, “属性を有する資産の価値評価,” 日本ファイナンス学会第15回大会, 大会予稿集, pp. 453-462, 慶應義塾大学, 2007年6月17日.
[43] 石島博, 前田章, “属性を有する資産の価値評価,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2006 冬季大会, 大会予稿集, pp. 87-99, 法政大学, 2007年1月23日.
[44] 石島博, 谷山智彦, “A Real Estate Valuation Model under Regime Switching,” 日本経営財務研究学会 第30回全国大会, 学習院大学, 2006年9月30日.
[45] 石島博, 谷山智彦, “A Real Estate Valuation Model under Regime Switching,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2006 夏季大会, 大会予稿集, pp. 10-22, 早稲田大学, 2006年8月3日.
[46] 山田悠, 石島博, “取引システムが価格形成に与える影響の分析: 人工株式市場アプローチ,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2005 冬季大会, 大会予稿集, pp. 236-274, 筑波大学, 2005年12月5日.
[47] 石島博, 木原隆夫, “Option Pricing with Hidden Markov Models,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2005 夏季大会, 大会予稿集, pp. 19-35, 慶應義塾大学, 2005年8月5日.
[48] 石島博, 谷山智彦, “確率的割引ファクターによる不動産の本質的価値評価公式とその応用,” 2004年度科学研究費補助金「金融・契約技術とガバナンス・マネジメントに関するシステム科学的研究(研究課題番号:16310118), 公開研究会シリーズ『金融技術と経営』」, 青山学院大学国際マネジメント研究科, 2005年3月17日. 
[49] 石島博, 吉田晴香, “気象条件が投資機会のレジームシフトに及ぼす影響の定量的分析,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2004 夏季大会, 大会予稿集, pp. 358-377, 明治大学, 2004年8月5日.
[50] 石島博, 谷山智彦, “確率的割引ファクターを用いた不動産価格評価モデル,” JAREFE(日本不動産金融工学学会) 2004定期大会, 定期大会論文集, pp. 71-91, 明海大学, 2004年3月6日.
[51] 石島博, 高野江里子, 谷山智彦, “レジームを考慮した資産価格付けモデルによるJ-REITのリスクプレミアム推定,” JAREFE(日本不動産金融工学学会) 2004定期大会, 定期大会論文集, pp. 17-46, 明海大学, 2004年3月6日.
[52] 石島博, 若林義人, “情報伝達が非対称な人工株式市場における株価形成,” 日本経営財務研究学会 第27回全国大会, 報告要旨集, p.52, 四国大学, 2003年10月11日.
[53] Ishijima, H. and M. Uchida, “Regime Switching Portfolios,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会 金融工学研究部会, 早稲田大学, 2002年6月28日.
[54] Ishijima, H. and M. Uchida, “The Regime Switching Portfolios,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 2002 夏季大会, 大会予稿集, pp. 101-115, 法政大学, 2002年6月14日.
[55] 石島博, “Bayesian Interpretation of Continuous-time Universal Portfolios,” 日本経営財務研究学会 第25回全国大会, 全国大会予稿集, pp.25-35, 甲南大学, 2001年10月27日.
[56] 石島博, “ユニバーサルポートフォリオによるアセットマネジメント,” 日本経営財務研究学会 第24回全国大会, 全国大会予稿集, pp.32-41, 岩手県立大学, 2000年10月14日.
[57] 石島博, 白川浩, “Power-Utility Asset Management over the Long Run,” 「資産の運用と価格付けに関する工学的研究」研究集会, 日本応用数理学会・数理ファイナンス研究部会, 東京工業大学, 1997年12月15日.
[58] 石島博, 古川浩一, “期待対数規準によるポートフォリオ選択,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 1996 夏季大会, 大会予稿集, pp. 236-252, 青山学院大学, 1996年7月13日.
[59] 石島博, “最適期待対数ポートフォリオのアルゴリズムと日経225構成銘柄への適用,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会ファイナンスのOR研究部会, 東京工業大学, 1996年6月22日.

5. 招待講演

[1] 石島博, “不動産価格評価モデルの一般化(仮題),” 東北大学サービス・データ科学研究センター, 2017年3月8日.
[2] 石島博, “市場センチメント・インデックスの構築と資産価格予測可能性,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 高頻度データ・ビッグデータ活用法研究部会第12回研究会, 慶應義塾大学, 2015年11月9日.
[3] 石島博, “市場センチメント分析による新たなファイナンス研究の可能性,” 東北大学大学院経済学研究科・応用統計計量ワークショップ「数理モデルとデータ駆動型サービス科学研究プロジェクト」, 2014年12月25日.
[4] Ishijima, H. “Asset Pricing in Japanese Real Estate Markets,” Columbia Business School, Center on Japanese Economy and Business, Visiting Fellow Seminar, 2014年4月29日.
[5] 石島博, “Sentiment Analysis for the Japanese Stock Market,” 日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE) 高頻度データ・ビッグデータ活用法研究部会第2回研究会, 慶應義塾大学, 2013年6月10日.
[6] 石島博, “不動産の価格とリターンの評価モデルと応用,” 大阪大学金融・保険教育研究センター (CSFI) 主催 中之島ワークショップ 金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題 2012, 大阪大学中之島センター, 2012年11月30日.
[7] 石島博, “不動産の価格とリターンの理論と実証:ファイナンス理論の適用を目指して,” 東北大学大学院経済学研究科・応用統計計量ワークショップ「数理・統計・情報技術によるサービス科学研究プロジェクト研究会」, 2012年2月9日.
[8] 石島博, “ファイナンス研究と連動したWebサービスの可能性,” IT連携フォーラムOACIS第22回シンポジウム「金融工学と情報通信技術」, 大阪大学中之島センター, 2012年7月6日.
[9] 石島博, “不動産の価格とリターンの理論と実証 -ファイナンス理論を適用するためのフレームワーク-,” 名古屋市立大学経済学部・経済学研究科ファイナンス・情報系クラスターセミナー, 2011年9月26日.

[10] 石島博, “属性を有する実物資産の価値評価法,” 第4回金融・保険セミナーシリーズ, 大阪大学金融・保険教育研究センター, 2007年3月2日.
[11] 石島博, “大阪大学 CSFIにおけるファイナンス教育と研究,” 平成18年度「理科と情報数理の教育セミナー」, 大阪大学大学院理学研究科・基礎工学研究科, 2006年12月2日.
[12] 石島博, “レジームスイッチングモデルとファイナンス理論・実証,” 第26回 ジャフィーフォーラム, 一橋大学, 2005年5月20日.

6. 研究費 (競争的外部資金)

研究者番号:20317308 研究者リゾルバーID:1000020317308

6-A. 科研費(研究代表者)

[1] 科学研究費・平成28年度 第8回国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 研究代表者(石島博), 「日米不動産市場の住宅価格と家賃の連動ダイナミクスを解明するファイナンス理論と実証(国際共同研究強化) (研究課題番号: 16KK0086)」, 2017(H29)~2018(H30)年度.
[2] 科学研究費・基盤研究(B), 研究代表者(石島博), 「ファイナンス理論による不動産価格評価法の高精度化と日米不動産市場価格の解明 (研究課題番号: 16H03127)」, 2016(H28)~2020(H32)年度.
[3] 科学研究費・挑戦的萌芽研究, 研究代表者(石島博), 研究課題「金融・不動産市場をリアルタイム予報するセンチメント・インデックス構築の理論と方法 (研究課題番号: 15K12465)」, 2015(H27)〜2017(H29)年度.

[4] 科学研究費・基盤研究(C), 研究代表者(石島博), 研究課題「不動産投資にファイナンス理論を適用するための理論構築と実証分析 (研究課題番号: 24510204)」, 2012(H24)〜2014(H26)年度.
[5] 科学研究費・若手研究(B), 研究代表者(石島博), 研究課題「金融資産と不動産、および企業の価値とリスクのレジーム・スイッチング評価法の構築 (研究課題番号: 21710159)」, 2009(H21)~2011(H23)年度.
[6] 科学研究費・若手研究(B), 研究代表者(石島博), 研究課題「属性を有する資産の価値とリスクの評価に関する理論・実証研究 (研究課題番号: 19710128)」, 2007(H19)~2008(H20)年度.
[7] 科学研究費・若手研究(B), 研究代表者(石島博), 研究課題「レジーム・スイッチングを考慮した資産の評価・運用・計測に関する理論・実証研究 (研究課題番号: 15710120)」, 2003(H15)~2004(H16)年度.

6-B. 科研費(研究分担者)

[1] 科学研究費・基盤研究(A), 研究分担者(石島博), 研究課題「不動産ファイナンスの理論と応用 (研究課題番号: 14203009)」, 2002(H14)~2004(H16)年, 研究代表者: 慶應義塾大学 総合政策学部教授 森平爽一郎.

6-C. その他の競争的外部資金

[1] 国土交通省, 不動産情報の整備・活用に関する研究公募事業, 研究代表者(石島博), 研究課題「我が国の不動産の価格とリスクを分析・予測するために必要な不動産情報の整備等に関する研究」, 平成21年度.
[2] 経済産業省, 平成15年度 起業家育成プログラム等導入促進事業 技術経営(MOT)プログラム開発, 開発者リーダー(石島博), 採択科目「ファイナンスと会計:ビジネス分析・評価の理論と演習」, 平成15年度.
[3] 情報処理推進機構(IPA; 旧情報処理振興事業協会), 平成15年度 未踏ソフトウェア創造事業, 開発者リーダー(石島博), 採択テーマ「レジーム・スイッチング資産運用法を実装した基本システムの開発」, 平成15年度.