不動産バリュエーション・マップReal Estate Valuation Maps

ilabfe - 石島博研究室 Ishijima Laboratory Financial Engineering

このサイトについて

概要

不動産バリュエーション・マップ(Real Estate Valuation Maps)は,石島研究室の研究成果の1つとして,無料で行う住宅の価格査定システムです.

地図上に示されるマンションのピンをクリックすることにより,理論上の価格とリスクを知ることができます. ピンの色は,マンションが実際の募集価格よりも過小評価されているか,過大評価されているかを視覚的に表示しています. 左側に表示されるリストは,表示されている地図範囲で,過小評価されているマンションのランキングと,過大評価されているマンションのランキングを,それぞれ表しています.

分析方法

マンションの理論上の価格とリスクは次のように算出しています.

マンションをはじめとする不動産の市場価格には,流動性の欠如・取引コスト・上方の非対称性などに起因する「歪み」と,同じ不動産は存在しないという強い「個別性」が反映されています. そのため,不動産の市場における価格は,金融経済学の理論価格からは大きく乖離していることが考えられます. その乖離を適切に捉えられる統計モデルの1つを石島博と前田章が開発し,これを本システムに実装しています. より具体的には,立地する地域を考慮しつつ,延床面積・築年数・駅徒歩といった不動産の属性によって,どのように不動産の価格が形成されるのかを分析しています. その結果に基づき,個別不動産の理論上の価格と,そのリスク(ぶれ幅)を分析しています.

研究成果

本システムの基礎となった研究は,数々の学会において掲載・報告されており,また,日本FP学会賞,初の最優秀論文賞 (2010年),SASユーザー総会 アカデミア/テクノロジー&ソリューションセッション2010 優秀賞 (2010年) を受賞しています.

データ

株式会社リクルートのWEB サービスの1つである「スマッチ!」のAPIを通じて取得した,マンションの募集価格と属性に関するデータを用いています.

注意事項

本システムは,研究成果の1つとしてマンションの価格とリスクを理論的に分析しているものの,他人の求めに応じて報酬を得るものではなく,また文書等に表示するものでもなく,業として行うものでもありません. 本システムの利用は,すべて自己責任で行うものとします. その利用の結果,万一損害が発生したとしても,石島研究室はいかなる責任も負いません. 本システムの著作権は石島研究室に属します. 本システムを利用して商用サービスの供与などを行うことは固く禁じます.

動作環境

本サイトは、下記ブラウザで動作を確認しています。

お問い合わせ

不動産バリュエーション・マップに関する質問等ございましたら、石島博研究室までお問い合わせください。

不動産バリュエーション・マップへ戻る